カビ予防や対策、掃除・除去方法につい

  1. ホーム
  2. カビ掃除する前に
  3. 塩素系漂白剤
  4. の種類

塩素系漂白剤について

エタノールや逆性石けん液では殺菌できてもカビの汚れが落ちません。カビの汚れを落とすときは塩素系漂白剤を使用します。

漂白剤にはいろいろなタイプの塩素系漂白剤があります。
それぞれの素材にあったものや、カビの状況にあったものを選んでください。
洗濯用の衣類漂白剤(酸素系)は作用が弱いためカビの汚れが落ちません。

■使用方法

カビを殺菌したりカビの黒い斑点などをおとすには、塩素系漂白剤を使用します。
しかし塩素系漂白剤は、カビだけでなく素材の色や柄も漂白してしまいます。
一度端の目立たないところで試しましょう。

キッチン用ハイター 液体タイプ
①漂白剤を水で5~10倍に薄めてタオルにしみこませ、そのタオルを使いカビ部分に漂白剤をしみこませる
もしくは薄めた漂白剤を霧吹きに入れ直接吹きかける
③数分様子を見る
④カビの汚れが薄くなってきたら、ぬるま湯をしみこませたタオルで軽くたたいて、漂白剤をふき取る
⑤その後乾いたタオルでぽんぽんと軽くたたいて水分を取る
⑥しっかり乾燥させる
 
●布団やマットレス(白いもの、もしくは柄が落ちてもよいもの)、すのこ、白レースカーテンなどに使えます
●薄めて使用するぶん、塩素系の中でも比較的効果が弱いので、カビの根が浅いもの、カビの被害が少ないものに使用します。
キッチン用ハイター 泡タイプ
①直接生地に吹きかける
②数分様子を見る
③汚れが薄くなってきているようなら、ぬるま湯をしみこませたタオルで軽くたたいて、漂白剤をふき取る
④乾いたタオルでぽんぽんと軽くたたいて水分を取る
⑤しっかり乾燥させる
●布団やマットレス(白いもの、もしくは柄が落ちてもよいもの)、すのこ、白レースカーテン、窓枠のパッキンなどに使えます
●液体タイプよりもこちらのほうが強力です。
お風呂用 強力カビハイター 泡タイプ
①直接生地に吹きかける
②数分様子を見る
③汚れが薄くなってきているようなら、ぬるま湯をしみこませたタオルで軽くたたいて、漂白剤をふき取る
④乾いたタオルでぽんぽんと軽くたたいて水分を取る
⑤しっかり乾燥させる
 
●お風呂場、窓枠のパッキンなどに使えます
●上記2つよりもさらに強力です。

注意点

換気を十分にしてください。
エタノールの後に使用する場合は、エタノールがしっかり乾燥してからにしてください。
酸素系(洗濯用衣料漂白剤)漂白剤と一緒に使用すると効果が薄れます。