カビ予防や対策、掃除・除去方法について

  1. ホーム
  2. カビ掃除について
  3. 表面のさらさらカビを掃除する
  4. 注意点

表面に付着した
"さらさらなカビ”を
掃除するときの注意点

カビの胞子は飛び散りやすいので慎重に行ってください。

カビ掃除の前にカビを湿らせない

掃除の前にカビを湿らせないでください。カビの汚れがとれにくくなります。
「カビの胞子が飛び散るため、いったんぬれ雑巾で拭いて湿らせ、散乱するのを防いでから掃除しましょう」という情報を耳にしますが、木材(すのこやチェスとの裏など塗装がない部分)についたさらさらなカビの場合は、「湿らせてふき取る」ことをおすすめしません。
我が家のチェストの裏の木の部分についた”さらさらな状態のカビ”でこの方法を試しましたが、ぬれ雑巾で拭くと、カビが広がるだけでなく染み込んでしまい、カビの色が家具にうつってしまい大変な思いをしました。

見た目は悪くなり、その着色したものを取るのに苦労し、また漂白しても完全にカビの色が落ちることがありませんでした。とても後悔しました。
またマットレスについたカビもぬれタオルで拭いたところ、マットレスの生地の繊維の奥に入っていってしまい、カビの汚れが広がっただけでなく、その汚れをとることができなくなりました。けっして湿らせてこすらないでください。

個人的に自分が実践した方法は、”さらさらとしたカビが発生した家具は外へ運ぶ!そして、飛び散っても大丈夫な場所でカビ掃除をする”です。カビの胞子を部屋中に飛び散らすことなく、さらに湿った雑巾を使わず掃除することで、表面のカビはきれいに取れます。目で見たときに表面のカビがきれいにとれたからと安心しないでください。カビは必ずといっていいほどまた同じ場所に発生します。必ず殺菌処理をしてください。

殺菌前にカビをこすらない

チェストの裏の木材についた”さらさらなカビ”は一気に掃除機で吸い込むことで表面の見た目はすぐにきれいにとれました。エタノール消毒をスムーズにできました。漂白しなくてもカビの色がのこることはありませんでした。
ここで気をつけることは、掃除機で吸うときや、ドライシートなどでふき取るときに、強くこすらないことです。カビが木目に入り込んだり、カビの色が家具に色移りしてしまいます。

掃除機について

外へ運び出して掃除ができない家具などは、掃除機を使います。カビを掃除機で吸う場合、排気口は必ず窓の外に向けてください。排気口から吸い取ったカビの胞子が部屋の中に散乱します。
表面のカビを吸い取る場合は、少し掃除機を浮かせて吸い取ります。掃除機の部分でこするとカビの色が付着してしまったり、余計に中に入りこんでしまいます。
掃除機のごみは掃除が修了したらすぐに捨ててください。