カビ予防や対策、掃除・除去方法につい

  1. ホーム
  2. カビのお悩み場所
  3. 洗濯機
  4. かびがはえてしまったら
洗濯機イメージ

カビがかえてしまったら

洗濯後の衣類がいやな臭いしていませんか?
乾燥機をかけたらわかめのようなゴミがついていませんか?
その正体はカビです。一度きれいに掃除をしましょう。
掃除後はしっかりカビ対策もしてください。

洗濯機内の細かいゴミを取る

使い古しの歯ブラシや雑巾などで、細かいところの汚れを落としていきます。ドア(フタ)についた石けん垢や水垢もふき取りましょう。
洗剤を入れる容器も忘れずに。洗剤いれは、気をつけていても入れる際に洗剤をこぼれてしまうことがあります。また使用していない場所も汚れている場合は掃除します。

カビ取り剤の種類

これはカビを予防するための掃除(酸素系漂白剤)ではなく、もうびっしりと黒カビが生えてしまった場合の掃除です。
ここで使用するのは塩素系の漂白剤です。酸素系よりもカビ取り効果が高いです。塩素系の漂白剤を使用して洗濯機を掃除することを不安に思う方もいるかもしれませんが、私はカビが生えた洗濯槽で洗濯することのほうがよっぽど体に害があると思っています。また体に優しいのは酸素系の漂白剤ですが、びっしりへばりついたカビには効果がありません。カビをおとしきることができません。酸素系は普段のお手入れで使用するのがおすすめです。そして塩素系漂白剤の主成分である次亜塩酸ナトリウムは水に溶けやすく分解されやすいため、洗濯槽にも残りにくい性質です。人の体に大きな害を与えるとまではいかないと思います。まずは塩素系の漂白剤でしっかりカビを落としてから、普段のお手入れで酸素系の漂白剤をつかっていきましょう。

塩素系のカビ取り剤

洗濯槽のカビ取り剤(塩素系)は薬局などでも数百円で売られています。使用用法はその薬品の表示に従ってください。
そしてここで気をつけていただきたいことは、カビ取り剤で掃除したからもう大丈夫と安心しなことです。びっしりついたカビは1度の掃除で取りきれないことがあります。いらないタオルなどを一度洗濯してみてください。(よほど薬品が洗濯機に残っていることはないですが、洗い流す目的にもなります)我が家の場合はこれをしなかったために、落ちきらなかった黒かびが次の洗濯物についてしまいました。その場合はもう一度かび取り剤を使い掃除してください。そしてもう一度洗濯機を回し、カビがついていないかを確認してください。

[ポイント]
●1回でカビは落ちきらないことがある
●カビ取り剤を使用したあとは、いらないタオルなどを洗濯して、カビがつかないか確認する

洗濯機メーカーの洗濯槽クリーナー

上記の塩素系漂白剤でも2回ほどためし、それでもカビが落ちない場合、次は洗濯機メーカーが販売している洗濯槽クリーナーを使用してみてください。価格は2000円前後。だいたい半日以上は洗濯槽をつけおきします。(薬品を入れ、洗濯槽洗浄コースまたは、手動で12時間のつけおきをする)カビの汚れのほとんどが分解されて解けてしまいます。


■クリーニング専門業者に任せる

よほどでない限りはメーカーの出している洗濯槽クリーナーで落ちますが、上記の薬品が使えない洗濯機や、使ってもやはり長年使用しカビがびっしりこびりついている場合は専門業者さんへお願いしましょう。けしてやすくはありません。値段は1~3万円ほどです。しかし、買い換えるよりは安く済みます。

カビが生える原因がなくならない限り、また新たにカビが発生します。しっかり対策もしてください。

[洗濯機について]
洗濯機のカビトップページ
カビの原因
カビの対策と防止
日常のお手入れ/お酢で洗濯槽の汚れを落とす
日常のお手入れ/酸素系漂白剤で洗濯槽の汚れを落とす
カビのがはえてしまったら
洗濯機を選ぶポイント