カビ予防や対策、掃除・除去方法につい

  1. ホーム
  2. カビのお悩み場所
  3. 敷布団
  4. カビがはえたときは
敷布団イメージ

カビがはえたときは

一度カビが発生してしまった場合は、新しく買いなおすのが一番安心です!家庭でカビ掃除しても、布団の奥まで入り込んだカビの胞子は完全に除去するのは難しいため、カビの発生を繰り返してしまいます。
しかし、買いなおす前にとりあえず自分で除去してみようという方や、まだカビが生えて日が浅いもの、ごく一部カビが生えてしまったものなど、まだカビをしっかり除去できる可能性がある場合は、ぜひカビを除去してみましょう。

消毒用エタノールで除菌

エタノールは殺菌のみの効果です。カビの汚れは落ちません。

エタノールの種類と使用方法
●消毒用エタノール・・・そのまま使えます。
●無水エタノール・・・水で薄めエタノールが80%になるようにする
●逆性石けん(オスバンS)・・・200倍に薄めて使用

手順
①まずは換気をしましょう
②エタノールを霧吹きに移し変え、直接カビの部分に吹きかけます
しっかり染み込むように湿らします
③そのまま乾かします

漂白剤でカビの斑点を落とす

基本的には、布地を傷めるので塩素系漂白剤は使用しないように注意書きがされていますが、個人的にはこれがカビの汚れを落とすには一番おすすめです。殺菌効果と漂白効果があるため、見た目もある程度きれいになります。

布に使用する場合、弱い酸素系漂白剤(衣料用)という手もありますが、私が試した結果、全くといっていいほど黒かびは落とせません。
ですのでここでは、声を大きくして言える落とし方ではありませんが、塩素系漂白剤を使う方法を紹介したいと思います。柄のない白色の布団ならよほど大丈夫かと思いますが、自己責任でお願いします。心配な方はふちのほうや目立たないところで試してみてください。

種類
○ キッチンハイターなどの塩素系漂白剤
○ 泡タイプは手軽でおすすめ
○カビがひどい場合は布団の奥まで漂白剤がしっかりしみるよう、液体タイプがおすすめ
× カビキラーなどお風呂用のものは強いので避けましょう
× 衣類用漂白剤
カビがまだ小範囲で日が浅い布団
①まずは換気をしましょう
②布団カバーのカビには、キッチンハイター泡タイプがおすすめ。カビの黒い斑点に直接吹きかけていきます
布団本体にもカビがついている場合は、お湯で薄めた漂白剤をタオルに染み込ませ、軽く絞します。そのタオルで、カビが生えた部分をしっかり湿らせていきます。ふとんの中までしっかりしみこませます。
③べたべたになるくらいしみこませる
④黒いカビの斑点が消えるか薄くなるまで待つ
(生地が傷む場合はすぐ洗い流してください)
⑤タオルにお湯をしめらせて、軽くたたくように漂白剤をふき取る。
⑥乾いたタオルでもう一度軽くたたいて水分を取る
⑦日干し、または布団乾燥機で完全に乾かす
カビが広範囲や深くカビの根をはやしている布団
①お風呂に布団がつかるくらい水をはる
②そこに漂白剤と布団を入れ1時間ほど置く
③足踏みなどをしてよくすすぐ
④布団を三つ折にしお風呂場に30分ほど立てかける
またはお風呂場に干す
⑤外に干す

2パターン紹介しましたが、2つ目に紹介したお風呂場での方法はあまりおすすめしません。
敷布団の繊維の奥深くまで根をはやしているものは(1ヶ月以上カビを放置してしまった場合)素人ではしっかり殺菌できていない場合があります。
また敷布団がしっかり乾くまでに1日では足りないこと。
そして、この方法は労力を使うことと、ぬれた布団を運ぶときにベタベタになるため、工夫が必要になります。
カビが生え1ヶ月以上たってしまった敷布団は買い換えるほうが懸命です。もしくはクリーニング店に相談してみましょう。

クリーニングに出場合

カビ除去のクリーニングを専門店にお願いする場合、5000円以上するところがほとんどです。専用の機械をつかってしっかり除去してくれるので安心。まだまだ使えそうな布団や、値段が高かったから買い換えるにはもったいない、お気に入りだった、という場合はぜひ、クリーニングに出しましょう。特に小さなお子様がいる場合は体への影響を考え、クリーニングに出し確実に殺菌することをおすすめします。もしくは買い替えましょう。

コインランドリーで乾燥させる

敷布団は基本的には丸洗いは避けるように表示や説明がありますが、乾燥機が可能なものは、乾燥機もおすすめです。大型のものが乾燥できるコインランドリーを利用しましょう。熱風により乾燥させることで、殺菌効果が高まります。

買い換える

カビがひどい場合、特にお子さんがいるご家庭はぜひ買い替えをしてください。カビが直接人に影響を与えているところは目には見えないので、大丈夫かなと思ってしまいがちですが、特に寝具は直接寝るところですので、体に影響が及びやすいです。大丈夫かな、、、と心配してすごすのもストレスです。
そして買い換えた後は、しっかりとカビ対策をすることを忘れずにしましょう。敷布団のカビの対策ページもぜひ参考にしてみてください。

カビが生える原因がなくならない限り、また新たにカビが発生します。しっかり対策もしてください。

[敷布団について]
敷布団のカビトップページ
カビの原因
カビの対策と防止
カビのがはえてしまったら
敷布団を選ぶポイント