カビ予防や対策、掃除・除去方法につい

  1. ホーム
  2. 家・家具のカビ
  3. 敷布団
  4. 敷布団のカビ対策
敷布団イメージ

敷布団のカビ対策

できることから試してみてください。
やったからといって安心はできません。
こまめに様子をみましょう。

■日干しする

日干しの基本は、“風通しのよい、晴れた日に干す”です。雨が降った翌日は、地面にたまった水蒸気が空気中に発散され多湿になります。せっかく布団を干しても、逆に湿気を含んでしまうこともあるので、雨が降ったの翌日は干さないでください。

敷布団を干す時間帯は、午前10時頃~午後2時頃がベスト。早朝は夜露が蒸発し湿気が多いため、日が照りだした午前10時以降に干します。おそくても3時までには取り込みます。片面2時間ぐらいを目安に途中で一度裏返しましょう。

多くの布団は、強い直射日光を避けて干すことを進めています。手持ちの布団の表示を確認してから干してください。
しかし、私もそうですが、布団はお日様に当てたい!お日様の匂いがすき!ふっくらする気がする!なんて方もいらっしゃるはず。そんな方におすすめなのが、布団を干すときに使う専用のカバーです。直接布団に強い日差しを当てないので、生地が傷んだり、色あせたりということを防ぐことができます。また花粉や砂埃などからも布団を守ることができるためおすすめです。

取り込んだあとは、布団にこもった熱が冷めるまで、広げておきます。我が家はスペースがないため、ゆるくまるめて、壁に立てかけています。 さらに日干しすることにより、布団がふっくらするだけでなく、殺菌効果やダニも増えにくくなります。

■布団乾燥機

雨の日が続いたり、外に干す場所がなかったり、なかなか敷布団を日干しすることができない場合は、布団乾燥機もおすすめです。
布団を干すのも面倒!カバーなんてめんどくさ~い!なんて方におすすめ。乾燥機の熱でダニ対策も◎
また、マンション等、布団を干すことを禁止されている場合にも布団乾燥機がおすすめです。

■布団を敷きっぱなしにしない

外に布団を干せない日は、上下のどとらか片方をめくっておくのも効果があります。毎日同じ方にならないよう、交互にします。よく、たたんで押入れに入れるという昔からの方法がありますが、現代の家は昔のように風通しが良いつくりではないので、押入れに湿気がたまりやすいので、気をつけてください。我が家もこの方法を試したことがありますが、1ヶ月ほどたつと、裏面の湿りが夜まで残ることがでてきました。

■表と裏、上と下、交互にする

ずっと同じ面を使い続けるのではなく、定期的に、裏と表をひっくり返して使用します。また、裏と表だけでなく、頭側、足側の上下も交互にするなどし、布団をローテーションしましょう。寝汗などが多少分散されます。さらに布団を長持ちさせる効果も。(一部の健康寝具では位置が決められているのもありますのでご注意ください)。

布団の上での食べこぼしに注意

食べこぼしたものをそのままにしておくのはやめましょう。とくにジュースやスープなどといった液体のものはしっかりと布団にしみこんでしまいます。こぼしてしまったときは、乾いたタオルをしいて、上から軽くたたいてください。タオルにしみこむ量が少なくなるまで繰り返します。その後ぬれたタオルで軽くたたくように吹きます。さらにもう一度乾いたタオルしき、上から軽くたたき、水分をとっていきます。まだこれで安心ではありません。できるだけ早く乾燥させたほうがいいので、お昼であれば、布団を干してください。時間がなければ、ドライヤーや布団乾燥機をつかってしっかりと乾かします。

■すのこをしく

我が家ではすのこに布団をひいてつかっていましたが、安価なものだったせいか、すぐかびてしまいました。やはり布団とすのこの木が面している部分は湿気が逃げにくいので、すのこのみを使用するのはおすすめではありません。ただし、我が家は週に1度しか布団を日干しできなかったため、(雨の日が続くと10日干せないことも)もっと頻繁に干せるようであれば、効果はあるかもしれません。しかし日本の季節がら、梅雨など、頻繁に干せないこともあります。なのですのこを使う場合は、除湿マットを併用することをおすすめします。

■除湿マットを使う

私の経験ではこれが一番効果がありました。除湿マットは床(すのこ)と敷布団の間に敷いて使います。シングルで6000円ほどのものを購入しました。(素材にシリカゲルを使用した安価な除湿マットは、3000円ほどで購入できますが、口コミの評価があまりよくなかったため購入しませんでした。)タオルや新聞紙をひくという方法も聞きますが、やはり除湿マットにはかないません。

除湿マットにはセンサーがついており、色が変わったら干します。干す時間も我が家は天気がよければ、30分から1時間でセンサーの色が戻ります。干すのも週に1度、雨で干せないときは10日以内には干しますが、説明書には2週間大丈夫とかいてありました。
これを使用してからは、布団をすのこベッドに敷きっぱなしでもカビが生えることがありませんでした。またカビをはやして新しく布団を買うより、お得なのも買う決め手に。

当時、妊娠しながらフルタイムで仕事していた私は、頻繁に重たい布団が干せなかったため、とっても助かりました。腰痛もちの方や、ご年配、重たいものをもてない方、布団が干せない方、毎日布団を干すのが面倒な方、また、仕事をしている方やお子さんの昼寝があって長時間布団を干せないかたにも、除湿マットはとてもおすすめですよ。
もし買われる場合は、西川のドライウェルかベルオアシスが断然おすすめです。湿気の吸収力がシリカゲル使用のものよりも2~3倍あります。干すのも2~3週間と、安心の商品です。

除湿マットのおすすめ商品
●シングルで4000円以上のものを選びましょう。
●重たいマットレスを頻繁にたてかけなくてもよい
●2週間に1度、天気のよい日に除湿マットを干すだけ
●繰り返し使える
★西川ドライウェルは2~3週間に1回の日干しでOK
シリカルゲルの2~3倍の湿気吸収力

■防水シーツを使う

これはあまり知られていない方法です!

■梅雨の時期は除湿機を使う

梅雨の時期は外に洗濯物が干せず、家の中で干すという日が1週間続いたりすることも。アパートなど狭いおうちの場合は干す場所にも困りますよね。我が家はリビングに干しますが、次の日までに乾かず、次の日の分の洗濯物は寝室にもほしていました。もちろんこれは湿度は上がりカビが好む環境です。なので我が家では梅雨の時期は、寝ている間、リビングに除湿機をタイマーでセットして洗濯物を干しています。驚くことに朝には洗濯物がパリっと乾いており、除湿機にはその晩吸い取った空気中の水分がたっぷりとたまっています。同じような状況の方には、ぜひおすすめです。
新しく買う場合は、カビ対策も考え、洗濯物を乾かせる機能がついているものや、押入れやクローゼットでも使用できるものにしましょう。

また、私の周りのおうちでは、寝室で冬はストーブでなく、エアコンを使っているというお宅は、カビがはえていないという意見が多かったので、湿度が低くなるぶん、多少の効果はあるかもしれません。我が家は子供が乾燥肌だったので、エアコンはつけませんでしたが、どちらでも大丈夫な場合は、エアコンの方が、湿度が下がるのでカビ対策にはいいかもしれません。

[敷布団について]
敷布団のカビトップページ
カビの原因
カビの対策と防止
カビのがはえてしまったら
敷布団を選ぶポイント