カビ予防や対策、掃除・除去方法につい

ベッドイメージ

カビがはえたときは

すのこや布床にカビがはえたときの除去方法です。

消毒用エタノールで除菌

エタノールは殺菌のみの効果です。カビの汚れは落ちません。

種類
●消毒用エタノールはそのまま使えます。
●無水エタノールは水で薄め、エタノールが80%になるようにします。
●逆性石けん(オスバンS)は200倍に薄めて使用します。

手順
①外で作業できる場合は外で。室内の場合は換気をします。
②エタノールを霧吹きに移し変え、直接カビの部分に吹きかけます。
しっかり染み込むように湿らせます。
③そのまま乾かします。

漂白剤でカビの斑点を落とす

カビを殺菌するだけでなく、漂白まで行いたい方はこちらの方法を試してください。
すのこ床でなく布床の場合は、漂白剤を使用すると柄や色が落ちてしまう可能性があるため、エタノール消毒をおすすめします。しかしそれでもカビの汚れを漂白をしたい方は、布板のふちのほうの目立たないところで試してから行ってください。

漂白剤の種類
○ キッチンハイターなどの塩素系漂白剤
× カビキラーなどお風呂用の強いもの
× 衣類用漂白剤ではカビの汚れは落ちません
カビがまだ小範囲で日が浅い床板
★カビ掃除は天気のいい日に行いましょう
①外で作業できる場合は外で。室内の場合は換気をします。ゴム手袋やマスクも忘れずに。
②キッチンハイター泡タイプをカビの黒い斑点に直接吹きかけていく(←またカビが発生して日がたっていない場合におすすめ)
もしくは、お湯で薄めた漂白剤をタオルにしっかり染み込ませ、そのタオルですのこをしっかり湿らせます(←カビがひどい場合、広範囲の場合におすすめ)
④黒いカビの斑点が消えるまたは薄くなるまで待つ
⑤タオルにお湯をしめらせて、漂白剤をふき取る
⑥乾いたタオルでもう一度軽くたたいて水分を取る
⑦しっかり日干しまたは陰干しで乾燥します。
(長時間の日干しは木材を傷めます)

我が家での消毒と漂白の効果

消毒と漂白した部分にはもうカビははえませんでした。(他の部分はまたはやしてしまいました…)ということで、我が家ではもう一度、全体を消毒と漂白しました。以来、3年たちますが、一切ベッド床にはかびははえなくなりました。(もちろん除湿マットを使っていてのことです)

ひどいカビはヤスリで削る

庭や駐車場など、部屋の外で天気のいい日に行います。表面のカビがひどいときは紙やすりですこし削ります。番手の小さな荒めヤスリで削った後に番手の大きい細めのヤスリでけずります。削りすぎないようにしてください。
その後、中にもカビが根をはやしているようでしたら、殺菌と漂白をもう一度しておくと安心です。

お子さんがいるご家庭は、買い替えが可能でしたらぜひ買い替えをしてください。カビが直接人に影響を与えているところは目には見えないので、大丈夫かなと思ってしまいがちですが、特に寝具は直接寝るところですので、体に影響が及びやすいです。そして買い換えた後は、同じ生活をしていてはまたカビは繰り返します。しっかり対策をすることとお手入れをすることが必要です。

[ベッドについて]
ベッドのカビトップページ
カビの原因
カビの対策と防止
カビのがはえてしまったら